ハガキの買取

MENU

ハガキの買取を利用して不要ハガキを換金

ハガキの買取、してもらえるのをご存知でしょうか。

 

インターネットや携帯電話の普及でメールがおもな連絡手段となった現代社会。

 

ハガキを使う機会が減った、という人も多いかもしれません。

 

しかし、ハガキにはメールにはない心のこもったメッセージや、重要な連絡手段としての役割があります。

 

そのため、要所要所でハガキを使う場面はいまでも多いものです。

 

ただ、ハガキを大量に購入した結果余ってしまうというケース、どうしましょう。

 

年賀状や挨拶状なんかではよくありますね。

 

多くの人に一斉に同じ連絡を伝える場合などは実際の人数よりも大目のハガキを購入するのが一般的ですから、最終的に余ってしまうことはよくあることです。

 

そんなとき、ほとんどの場合は使わないまましまってしまうものです。

 

しかし、じつはハガキの買取というものを行っている業者もあるのです。

 

ハガキの買取、というと意外に思う人も多いのではないでしょうか。

 

そんなことができるとは知らなかったという人もいるのでは?

 

ハガキの買取で現金化することも可能なのです。

ハガキの買取、してもらえるのをご存知でしょうか。

ハガキの買取は金券ショップなどで行われています。

 

近所にある金券ショップでは取り扱っていない店舗もあるかもしれませんが、ネット上ではハガキの買取を行っている店舗の情報を多数入手することが可能です。

 

問題なのは買取価格。

 

どれぐらいの価格で買い取りしてもらえるのか、ということでしょう。

 

ハガキといってもいろいろな種類があるため、買取価格は異なってきます。

 

一般のハガキでは1枚38円〜40円程度が相場となっています。大口の買取になると1枚あたりの価格が優遇される、というケースが多くなっています。

 

往復ハガキは75円前後となっています。

 

その他、絵入りハガキやエコーハガキなどはその種類や店舗の取り扱いによって異なってくることが多いようです。

 

気になるのは年賀ハガキ。

 

年賀ハガキはもっとも余る機会が多いだけに、買取価格は気になるもの。

 

古い年賀ハガキは買い取ってくれるのか、と疑問に思っている人も多いと思いますが、買取の対象として取り扱っている店舗がほとんどです。

 

買取価格は通常のハガキよりもやや低くて35円程度。

 

それでも使い道がないと思っていたものが現金になるのですから、ありがたいと思っている人は多いでしょう。

 

なお、平成21年の年賀ハガキのように、これから使う価値がある年賀ハガキの場合は買取価格はもっと高くなります。

 

このように、ハガキの買取は意外と便利なものです。使わないハガキを多数抱えている人などはうまく活用して現金化してみてはいかがでしょうか。

 

なお、郵便局では買取や換金はできません。

 

手数料を払って別なハガキ、切手に取り替えられます。

年間買取実績100万件の買取ショップが店頭買い取り価格を大公開!

「高価買取に自信アリ」につき、常時、買取価格を公表しているサイトのリンクはこちら!