着物の買取相場

MENU

着物の買取相場の査定を事前に知るには?

不要品を質屋やリサイクルショップに売ってお金にするというのは、生活の節約術としてすっかり定着してきました。

 

家電機器や書籍、あるいはビデオやゲームソフトといった物は、中古品の需要も高いので、よほど状態が悪いものでない限り買取相場は、事前に調べる事が出来ますし、実際の売値も買取相場から極端にかけ離れている事はありません。

 

 

 

しかし、衣服に関してはその買取相場は、売る物によって極端な差がある上、同じものでも様々な条件で買取相場通り売れない物が多いようで、その中でも特に難しいのが和服の着物でしょう。

 

ということで、着物の買取相場は、事前に調べることは可能ですが、なかなか相場通りの金額で売れる事はありません。

 

 

 

着物の買取相場を知りたい場合は、基本的に実際に売りたい着物を持ち込む事になりますが、どこに持ち込めばいいか判らない方もいらっしゃると思います。

 

着物の古着を買い取ってくれる業種は色々とありますが、一般的には質屋か和装古着専門の店がいいでしょう。

 

街のリサイクルショップでも一部では古着の買取をしている店もあるようですが、通常のリサイクルショップの場合、着物の買取相場を知らない場合も多いので、やはり着物に関して詳しい店を探した方がいいと思います。

 

また、そうした店に着物を持ち込む前に、インターネットで事前に着物の買取相場を調べるという方法もあります。

 

 

それも複数の買取りショップでの買い取り価格をいながらにして比較検討できるというのが、ネットでの便利なところです。

古い着物を下取りする呉服店も

着物の買取で有名なところといえば、創業1926年、きものリサイクルの老舗「忠右衛門」があります。
着物の買取専門店ですから、信頼はおける店舗だと思いますが、ネットでの「電子見積もり査定」のようなことはやっていません。
しかし、インターネットの検索サイトで着物 買取相場≠ニいったキーワードで検索をかけると、着物の買取相場を掲載しているWebサイトがヒットします。
それらのWebサイトに書かれている情報を参考にすると、実際に着物を買取している店に、売りたい着物を持ち込む前に相場の見当をつける事ができるわけです。

 

※こちらは「忠右衛門」のサイト→http://www.fujiyama-geisha.co.jp/

 

そうしたWebサイトで得られる情報で参考になるのは、「買取出来ない着物」や、「高額で売れる着物の条件」などでしょう。
着物と言っても、その素材が化学繊維のものであった場合は、古着としての価値はありませんので、売りに行くだけ時間の無駄ですし、素材がしっかりしたものでも、保存が悪くて日焼けや傷みのひどい着物も買取不可になる事もあります。

 

逆に、高値で売れる着物としては、伝統工芸である事を証明する証紙≠ェ付属している着物、あるいは作者や仕立屋がハッキリしている上に有名な作家や仕立屋で作った着物であれば高額で買い取ってくれる可能性が高くなります。

 

 

それらの条件を踏まえて売りたい着物の買い取り相場を事前に調べて、売る価値がある≠ニ判断したら、質屋や古着専門店に持って行くといいかもしれません。
ただ、古着に限らず中古品の買取査定はシビアですので、過剰な期待はしないようにしましょう。

 

 

また、新しい着物を作るのであれば、古い着物を下取りする呉服店もあるようです。
そういう場合は、また選択肢が広がりますね。

年間買取実績100万件の買取ショップが店頭買い取り価格を大公開!

「高価買取に自信アリ」につき、常時、買取価格を公表しているサイトのリンクはこちら!

着物の買取相場記事一覧