切手の換金

MENU

切手の換金は金券ショップでも扱っています

切手があまってしまうケースはそれほどあるものではありません。

 

もし使い残しがあっても、その価値が落ちるわけではないので普通はとっておきますよね。

 

しかし、何かの記念にシートで購入したけれどもいらなくなった、誰かからもらった、といったケースもあります。

 

また、最近ではネットオークションが普及したことによって個人同士の取引で切手で支払いを行うケースも増えています。

 

その場合、代金の代わりに切手を受け取った出品者は切手を換金する必要が出てきます。

 

このようにして、「郵便として使わない切手」の換金をするケースもしばしばでてくるわけですね。

 

ところで、商品券やテレホンカードなどの換金はよく知られていますが、切手の換金はあまり知られていないというのが実情かもしれません。

 

しかし、切手だからといってべつに特別なものではなく、普通に金券ショップで行うことができます。

 

換金をしたい場合、重要になるのはやはり換金率です。

 

額面のどのぐらいの率で換金できるのか、換金をする金券ショップを選ぶ際の最大のポイントになります。

 

通常、金券ショップでは、切手の換金率は商品券などに比べればやはり低くなります。

 

一般的には、テレホンカードと同程度くらいでしょうか。

切手の状態で変わる買取価格、プレミアムは期待薄

切手の場合、シートがバラかで、換金率に大きな差が出てきます。

 

切手の換金はシートで行うのが一般的となっおり、バラになると換金率が大きく低下します。

 

よく見かける切手の換金率としては、100面シートの場合、額面が50円を超える場合は80%程度。

 

50円未満の場合は50〜60%となっています。

 

一方バラの場合は50円以上で50%前後、50円未満の場合は40%程度となっています。

 

このように、換金率はシートかそうでないかで大きく左右されることになります。

 

また、普通切手とは別に記念切手というものもあります。

 

この記念切手はとくにシートで購入するケースが多いので換金の対象になりやすいものです。

 

記念切手なのでプレミア価格がつくとか、換金率が高くなるといった期待を持ちたくもなりますが、実際には記念切手の換金率はあまり高くありません。

 

普通切手と同じくらいかむしろ低いくらいで、50円以上で70〜80%となっています。

 

これは普通の切手に比べてシートの面数が少ないことや、通常の切手としての使用の範囲が限定されてしまうといった理由によるものです。

 

「立山連峰」が「立山連邦」と誤植された切手も話題になりましたが、これもよほどのマニア相手でなければ値段はつきにくいと思われます。

 

ということで、換金率だけを見ると切手の換金はあまり得ではない、という印象を持つ人も多いのではないでしょうか。

 

これならネットオークションや通信販売で利用した方がいい、と考える人も。

 

通信販売などで切手で支払いする場合、売り手は切手の換金を踏まえ、現金での料金よりも割り増しにして設定しています。

 

ですから結果的には自分で換金するとのほとんど変わらないものです。

 

不要な切手がある場合はそういった点も踏まえて切手の換金を検討する必要があるでしょう。

 

切手の換金はケースバイケースで行いたいものです。

年間買取実績100万件の買取ショップが店頭買い取り価格を大公開!

「高価買取に自信アリ」につき、常時、買取価格を公表しているサイトのリンクはこちら!

切手の換金記事一覧